<<PREV | TOP | NEXT>> || [要素 INDEX | INLINE 要素 INDEX | BLOCK 要素 INDEX]

INLINE 要素 INDEX

HTML 文書は一つの HTML 要素から出来ています。この HTML 要素は HEAD 要素BODY 要素とから成り、これらはこの順番で一回ずつ必ず現れます。

BODY 要素の子孫要素になり得る要素をテキストレベルと、ブロックレベル要素に分けて考えます。テキストレベルの要素と単なる文字を合わせて、インライン要素と呼びます。

<!ENTITY % flow "%block; | %inline;">

一般に、インライン要素に分類される要素は、ブロックレベル要素に分類される要素の内容になり得ますが、その逆は不可です。ブロックレベル要素を、インライン要素の内容に記述する事は出来ません。

一部の例外を除いて、一般にインライン要素の内容には、他のインライン要素を記述することができます。

インライン要素リスト
構造化テキスト EM | STRONG | DFN | CODE | SAMP | KBD | VAR | CITE | ABBR | ACRONYM
特殊 A | IMG | OBJECT | BR | SCRIPT | MAP | Q | SUB | SUP | SPAN | BDO
フォントスタイル TT | I | B | BIG | SMALL
フォームコントロール INPUT | SELECT | TEXTAREA | LABEL | BUTTON

インライン要素には単なるテキストも含まれます。

廃止予定の非推奨要素は省略しました。 HTML 4 Transitinal DTD で定義されていた廃止予定の要素や属性は、 XHTML 1.1 で削除されています。

構造化テキスト

要素タイプ意味内容モデル
EM強調 任意のインライン要素を内容に記述できます。
STRONGより強い強調
DFN被定義語句
CODEコンピュータコードの断片
SAMPプログラムの出力例
KBDユーザによる入力語句
VARコンピュータコードの変数
CITE引用元
ABBR省略語句一般 (etc. など)
ACRONYM頭文字化省略語 (USA など)

abbr 要素は acronym 要素の意味も含みますから、頭文字化省略語であることが断定できなければ、 abbr 要素を使えば良いでしょう。

【用例】

<cite>夏目漱石</cite>によれば……

<em>強調語句</em>、<strong>強く強調される語句</strong>

特殊なインライン要素

要素タイプ意味内容モデル
Aハイパーリンクa 要素以外の任意のインライン要素
IMG画像を挿入空要素
OBJECT一般的なファイルの挿入PARAM 要素か任意の要素
BR強制改行空要素
SCRIPTスクリプトスクリプト
MAPクライアントサイドイメージマップブロック要素か area 要素
Q被引用語句任意のインライン要素
SUB下付き添え字任意のインライン要素
SUP上付き添え字任意のインライン要素
SPANインライン要素をグループ化任意のインライン要素
BDO国際化双方向テキスト任意のインライン要素

【用例】

<a href="../index.html">表紙</a>

<q>こんな夢を見た</q>と云う文句で始まる、<cite>夢十夜</cite>は……

<img src="../w3c.bmp" alt="W3C"> World Wide Web Consortium

H<sub>2</sub>O, XHTML<sup>TM</sup> 1.0

<bdo dir="rtl">古い日本語では、横書きのときには、
この行のように右から左の場合もある</bdo>

【表示例】

フォントスタイル

要素タイプ意味内容モデル
TT等幅フォントに指定 任意のインライン要素を内容に記述できます。
Iイタリック体に指定
B太字体に指定
BIG一回り大きな文字に指定
SMALL一回り小さな文字に指定

フォームコントロール

要素タイプ意味内容モデル
INPUT一行テキスト入力欄やボタンなど空要素
SELECTオプションセレクタOPTGROUP, OPTION
TEXTAREA複数行テキスト入力欄単なる文字
LABELフォーム欄のラベルLABEL 要素自身を除いた任意のインライン要素
BUTTON押しボタン一部の要素を除いた任意のインライン要素と任意のブロック要素。除かれる要素は、フォームコントロールに含まれる全てのインライン要素と、 A 要素、 FORM 要素、 FIELDSET 要素。

フォームは、 JavaScript や CGI に情報を送るために利用します。普通の文書では利用しません。

サンプル

  <form action="mailto:[AhX" method="post">
<p>メール送信フォーム;記入した内容がメールソフトに送られます。
メールソフトから送信してください。</p>
  <p>
  <label for="lastname">姓: </label>
      <input type="text" id="lastname"><br>
  <label for="firstname">名: </label>
      <input type="text" id="firstname"><br>
  <label for="email">email: </label>
      <input type="text" id="email"><br>
  <label for="url">web page: </label>
      <input type="text" name="URL" id ="url" size="60" value="http://"><br>
  <input type="radio" name="sex" value="male"> 男性
  <input type="radio" name="sex" value="female"> 女性<br>
  <label for="body">本文</label>
    <textarea name="thetext" id="body" rows="5" cols="60">
    こちらにメールの本文を書いてください;
    </textarea><br>
  <button name="submit" value="送る" type="submit">send</button> 
  <button name="reset" type="reset">reset</button>
  </p>
</form>

メール送信フォーム;記入した内容がメールソフトに送られます。 メールソフトから送信してください。





男性 女性

HTML 4 Transitional DTD での定義

最後に、インライン要素を定義した HTML 4 Transitional DTD の抜粋を挙げます。 HTML 4 Strict DTD では消えている廃止予定の非推奨要素 (Deprecated Elements) が含まれています。

HTML 4 Transitional DTD;

<!-- %inline; covers inline or "text-level" elements -->
<!ENTITY % inline "#PCDATA | %fontstyle; | %phrase; | %special; | %formctrl;">

<!ENTITY % fontstyle
 "TT | I | B | U | S | STRIKE | BIG | SMALL">

<!ENTITY % phrase "EM | STRONG | DFN | CODE |
                   SAMP | KBD | VAR | CITE | ABBR | ACRONYM" >

<!ENTITY % special
   "A | IMG | APPLET | OBJECT | FONT | BASEFONT | BR | SCRIPT |
    MAP | Q | SUB | SUP | SPAN | BDO | IFRAME">

<!ENTITY % formctrl "INPUT | SELECT | TEXTAREA | LABEL | BUTTON">

非推奨要素は旧版との互換の為にサポートされてはいるのですが、将来のバージョンで廃止予定とされているものです。 Transitional であっても、避けられる限り使わない方がよいでしょう。

HTML 4 の次バージョンである XTHML 1.0 ではそのまま残されていますが、 XHTML 1.1 では廃止されています。

% fontstyle に属する要素はフォント情報を指示します。これらは見栄えに限った要素ですから、廃止予定である無しに関わらず、出来るだけスタイルシートを利用するように求められています。

IFRAME 要素は HTML 4 Strict では抜けていますが、廃止予定と明記されている訳では有りません。一応 OBJECT 要素で実現する様に求められている感もあります。


次に、全ての要素に付いて、まとめて表にしました。要素順のインデックスとしてご利用ください。

<<PREV | TOP | NEXT>> || [要素 INDEX | INLINE 要素 INDEX | BLOCK 要素 INDEX]

SEO [PR] [ Windows7 f ^T[o[ Cu`bg SEO