List

since: 31st/Aug./2001; last modified: 15th/Sep./2001

List はリストモジュールで定義されている要素タイプの集合であり、 XHTML 1.1 の内容モデルでは、内容セット Block に含まれ、DTD では %List.class; に含まれます。従って、例えば body 要素タイプの子要素として定義されています。

List に含まれる要素タイプは、「番号付き箇条書き」、「番号無し箇条書き」、「説明付き箇条書き」を表します。

サンプルソース表示例
<ol>
  <li>物理層</li>
  <li>データリンク層</li>
  <li>ネットワーク層</li>
  <li>トランスポート層</li>
  <li>セッション層</li>
  <li>プレゼンテーション層</li>
  <li>アプリケーション層</li>
</ol>
  1. 物理層
  2. データリンク層
  3. ネットワーク層
  4. トランスポート層
  5. セッション層
  6. プレゼンテーション層
  7. アプリケーション層
List モジュール* [拙訳]
dl, dt, dd, ol, ul, li
要素 属性 最小内容モデル
dl Common (dt | dd)+
dt Common (PCDATA | Inline)*
dd Common (PCDATA | Flow)*
ol Common li+
ul Common li+
li Common (PCDATA | Flow)*

実装: DTD

属性

何れの要素タイプに対しても、一般的な属性の集合として定義されている Common だけが定義されています。但し、全ての要素タイプに共通して定義済みの xmlns 属性は、 List に含まれる要素に対しても、自由に使えます。

ol 要素と ul 要素

名前ol
分類Block
意味ordered list
日本語順序つきリスト
名前ul
分類Block
意味unordered list
日本語順序なしリスト

これらの要素は、番号つきのリスト (Ordered List) と番号なしのリスト (Unordered List) を作成します。

要素の構造

これらの要素の内容は、一個以上の li 要素に定義されています。 li 要素の内容が、当該リストのリスト項目 (List Item) になりますが、内容は Flow に定義されています。

つまり、 li 要素タイプの内容は、文字データと、全てのブロックレベル、テキストレベルの要素タイプが定義されています。

サンプル

<ul>
  <li><blockquote>
    <p>山路を登りながら、こう考えた。</p>
    <p>知に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
    意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。</p>
  </blockquote></li>
  
  <li><blockquote>
    <p>我輩は猫である。名前はまだない。</p>
  </blockquote></li>
<ul>
ソース表示例
<ol>
  <li>物理層
      <ul>
        <li>電話回線</li>
        <li>ISDN</li>
        <li>xDSL</li>
      </ul>
  </li>
  
  <li>データリンク層
      <ul>
        <li>Ethernet</li>
        <li>PPP</li>
      </ul>
  </li>
  
  <li>ネットワーク層
      <ul>
        <li>IP</li>
        <li>ICMP</li>
        <li>ARP</li>
      </ul>
  </li>
  
  <li>トランスポート層
      <ul>
        <li>TCP</li>
        <li>UDP</li>
      </ul>
  </li>
  
  <li>セッション層
      <ul>
        <li>TCP</li>
      </ul>
  </li>
  
  <li>プレゼンテーション層
      <ul>
        <li>HTML</li>
        <li>MIME</li>
      </ul>
  </li>
  
  <li>アプリケーション層
      <ul>
        <li>HTTP</li>
        <li>FTP</li>
        <li>SMTP</li>
      </ul>
  </li>
</ol>
  1. 物理層
    • 電話回線
    • ISDN
    • xDSL
  2. データリンク層
    • Ethernet
    • PPP
  3. ネットワーク層
    • IP
    • ICMP
    • ARP
  4. トランスポート層
    • TCP
    • UDP
  5. セッション層
    • TCP
  6. プレゼンテーション層
    • HTML
    • MIME
  7. アプリケーション層
    • HTTP
    • FTP
    • SMTP

dl, dt, dd 要素

名前dl
分類Block
意味definition list
日本語説明・定義つきリスト
名前dt
意味definition term
日本語被説明・被定義語句
名前dd
意味definition description
日本語説明・定義

dl 要素は、説明付きリストを作成します。内容モデルは ol. ul 要素とは異なります。

要素の構造

dl 要素の内容は、一個以上の dt 要素と dd 要素の組に定義されています。

dt 要素はリストの表題であり、内容は文字データと Inline に含まれる要素です。

dd 要素は、 dt 要素の内容として表される表題に関する記述です。内容は li 要素と同じく、文字データと Flow です。 Heading, Block, Inline に含まれる全ての要素を内容にすることができます。

サンプル

<dl>
<dt>HTML 4</dt>
  <dd>SGML で定義された WWW 言語。
    W3C が策定・勧告した標準仕様であり、
    現状のデファクトスタンダード。</dd>
  
<dt>XHTML 1.0</dt>
  <dd>HTML 4 を XML で再定義した言語。</dd>
<dt>XHTML 1.1</dt>
  <dd>XHTML 1.0 をモジュール化で再定義した言語。
    将来の拡張に向けた土台として機能するように、
    期待されている。</dd>
<dt>XHTML モジュール化</dt>
  <dd>要素タイプをモジュールとして提供し、
    これをドライバファイルで読み込むことで、
    文書型を作成できるようにする仕様。
    PDA, 携帯電話などに向けて開発された言語型が実用されている。</dd>
</dl>

Copyright © 2001, SUGAI, Manabu. All rights reserved. 著作権は放棄していません。
SEO [PR] ”š‘¬!–³—¿ƒuƒƒO –³—¿ƒz[ƒ€ƒy[ƒWŠJÝ –³—¿ƒ‰ƒCƒu•ú‘—