Heading

since: 31st/Aug./2001; last modified: 8th/Sep./2001

Heading は、見出しを表す要素タイプの集合を定義します。これらの要素タイプはテキストモジュールに含まれており、 XHTML 1.1 の内容モデルでは、内容セット Heading に含まれ、DTD では %Block.mix; に含まれます。従って、例えば body 要素タイプの子要素として定義されています。

名前hn
分類Block
意味heading level n | n = 1,2,3,4,5,6
日本語最大レベル見出し、表題、節題

Heading は、最大レベルの見出しを表す h1 要素タイプから第六水準の h6 要素タイプまで、六つの要素が集合した概念です。

概念モジュール定義
要素 属性 最小内容モデル
h1|h2|h3|h4|h5|h6 Common (PCDATA | Inline)*

実装: DTD、モジュール: Block Phrasal

内容モデル

Heading に含まれる要素タイプに定義されている内容は、テキスト水準の要素です。具体的には、 %Inline.mix で定義されています:

<!ENTITY % Inline.mix
     "%Inline.class;
      %Misc.class;"
>
%Inline.mix; に含まれる要素タイプ一覧表
内容セット クラス クラス 含まれる要素タイプ
Inline Inline InlStructbr | span
InlPhrasem | strong | dfn | code | samp | kbd | var | cite | abbr | acronym | q
InlPrestt | i | b | big | small | sub | sup
I18Nbdo
Anchora
InlSpecialimg | map | object
InlForminput | select | textarea | label | button
Rubyruby
MiscEditins | del
Scriptscript | noscript

Heading に含まれる要素は %Block.mix; に含まれます。 Heading に含まれる要素の内容は、文字データか %Inline.mix; に含まれる要素タイプに限られます。

body 要素タイプ以下のノードになり得る要素タイプは、大きく分けると %Block.mix; か %Inline.mix に含まれます。 Heading のような %Block.mix; に含まれる要素タイプの内容には、 %Inline.mix; に含まれる要素タイプが定義され得ますが、その逆は不可です。

属性

Common

サンプル

<body>
  <h1>XHTML 1.1 とはなんだろうか</h1>
    <h2>1. HTML について</h2>
      <h3>1.1 論理デザインと視覚デザイン</h3>
      <h3>1.2 分散処理と集中管理</h3>
    <h2>2. XML について</h2>
      <h3>2.1 電子文書交換</h3>
      <h3>2.2 データベースと SQL</h3>
</body>

Heading に含まれる h1|h2|h3|h4|h5|h6 は、 %Block.mix; に含まれる要素タイプの、最も典型的なものの一つです。

XHTML の基本姿勢は、見栄えの再現やプレゼンテーションではなく、論理(意味)的構造の、マークアップによる表現です。従って、見出し h1 の無い文書や、 h2 の次に h3 を抜かして h4 が突然現れる文書は異常です。いわば、 "3-2." の次に "3-?-1." が現れるようなものだからです。

これらの要素タイプは「見出し」の階層を意味的に表現するものであり、文字の大きさを変えるためのものではありません。音声出力ブラウザや、点字再現ブラウザなどを考えてみてください。見栄えはスタイルシートで再現します。


Copyright © 2001, SUGAI, Manabu. All rights reserved. 著作権は放棄していません。
SEO [PR] ”š‘¬!–³—¿ƒuƒƒO –³—¿ƒz[ƒ€ƒy[ƒWŠJÝ –³—¿ƒ‰ƒCƒu•ú‘—