編集モジュール

since: 31st/Aug./2001; last modified: 13th/Sep./2001

テキスト拡張モジュールには、次の三つのモジュールが含まれています:

  1. プレゼンテーションモジュール: DTD
  2. 編集モジュール: DTD
  3. 双方向テキストモジュール: DTD

ここでは、編集モジュールに含まれる二つの要素タイプを紹介します。これらの要素タイプは何れもテキストレベル (Inline) 要素です。

編集モジュール [私訳]
del, ins
要素 属性 最小内容モデル
del Common, cite (URI), datetime (Datetime) (PCDATA | Flow)*
ins Common, cite (URI), datetime (Datetime) (PCDATA | Flow)*

このモジュールが使われるときは、 del 要素と ins 要素が、テキスト・モジュールの内容セット Inline に追加される。

属性

編集モジュールに含まれる二つの要素に定義されている属性は全く同じです:

Common
cite = URI
datetime = DateTime

要素タイプ

del

名前del
分類Inline
意味deleted text
日本語削除済みテキスト

ins

名前ins
分類Inline
意味inserted text
日本語挿入テキスト

サンプル

これらの要素タイプは、ブロックレベルでもテキストレベルでも内容に持つことができます。しかしながら、文書全体の木構造の階層でブロックレベルの要素とテキストレベルの要素は逆転してはならないので、利用上は注意が必要です。

最も典型的な例では、文字列の削除挿入履歴を明示するために利用します:

<p>私は<del>1915年</del>
<ins>1976年</ins>に生まれました。</p>

私は1915年 1976年に生まれました。

次の例のように、テキストレベルの要素構造を内容に持っても構いません:

<p>光の速さは <del>3&times;10<sup>8</sup></del>
<ins>2.99792458&times;10<sup>8</sup></ins> [m/s] です。</p>

光の速さは 3×108 2.99792458×108 [m/s] です。

div 要素、リストの dd 要素、テーブルの th, td 要素などの内容に現れ、複数のブロックレベル要素を内容に持つこともできます。このような場合は、テキストレベルとブロックレベルの要素構造の階層関係が逆転しないように注意が必要です。


Copyright © 2001, SUGAI, Manabu. All rights reserved. 著作権は放棄していません。
SEO [PR] ”š‘¬!–³—¿ƒuƒƒO –³—¿ƒz[ƒ€ƒy[ƒWŠJÝ –³—¿ƒ‰ƒCƒu•ú‘—