5. XHTML 抽象モジュール (XHTML Abstract Modules)

内容

本節は規範的

この節は、 XHTML 抽象モジュールの内容を示す。 これらのモジュールは、要素、属性、その内容モデルの集合の、抽象的な定義である。 これらの抽象モジュールは、適当ないかなる仕様機構の上でもマップされ得る。 例えば、 XHTML DTD モジュール実装は、これらのモジュールを、 [XML] で述べられたような DTD 上にマップする。

コンテンツ開発者、デバイス設計者は、本節を、様々な XHTML 定義モジュールによって提供される機能性の定義のガイドとして目を通しておくべきである。 コンテンツ開発、或いは文書クラスのプロファイル定義のときは、コンテンツ開発者は、これらのどのモジュールがそのメッセージを担うために本質的であるのかを決定できる。 クライアントを設計するときは、デバイス設計者は、ここで定義されている抽象モジュールの中から選択することで、そのデバイスのプロファイルを開発すべきである。

本文書で上書きされたときを除いて、これらの要素と属性は、 [HTML4] で定義されている。

5.1. 属性集合 (Attribute Collections)

本節の抽象モジュールの殆どは、要素の必須属性を定義している。 下記の表は、複数のモジュールを通して参照される幾つかの属性集合を定義している。 これらの表現は、規範的、強制的と考えらるべきでは決してない。 これらは、本文書中の編集上の便宜である。 本節のほかの部分で用いられるときは、その用語の展開こそが規範的であり、用語そのものではない。

下記の基本的な属性セットは、多くの要素で用いられる。 これらが用いられる場合毎に、その利用は、リストを列挙するよりも、集合名を通して特定される。

集合名 集合に含まれる属性
Core class (NMTOKENS), id (ID), title (CDATA)
I18N xml:lang (NMTOKEN)
Events onclick (Script), ondblclick (Script), onmousedown (Script), onmouseup (Script), onmouseover (Script), onmousemove (Script), onmouseout (Script), onkeypress (Script), onkeydown (Script), onkeyup (Script)
Style style (CDATA)
Common Core + Events + I18N + Style

Event 集合は組み込みイベントモジュールが選択されたときだけ定義され得ることに注意せよ。 さもなくば、 Event 集合は空集合である。

同様に、 Style 集合は、スタイル属性モジュールが洗濯されたときだけ定義され得ることに注意せよ。さもなくば、 Style 集合は空集合である。

5.2. 中核モジュール (Core Modules)

中核モジュールは、いかなる XHTML ファミリー適合文書型においても、存在することが必須なモジュールである。

5.2.1. 構造モジュール (Structure Module)

構造モジュールは、 XHTML の主要な構造上の要素を定義する。 これらの要素は、有効的に、多くの XHTML ファミリー文書型の内容モデルの基礎として機能する。 このモジュールに含まれる要素と属性は以下のとおり:

要素 属性 最小内容モデル
body Common (Heading | Block | List)*
head I18N, profile (URI) title
html I18N, version (CDATA), xmlns (URI = "http://www.w3.org/1999/xhtml") head, body
title I18N PCDATA

このモジュールは、 XHTML コンテンツの基礎的な構造定義である。 html 要素は全ての XHTML ファミリー文書型に対してルート要素として機能する。

xmlns 属性値は "http://www.w3.org/1999/xhtml" であるように定義されていることに注意せよ。 同様に、 xmlns 属性は XML 名前空間を認識するパーサ [XMLNAMES] によっては、特殊な扱いを受けるので、要素毎の属性として存在することが適正であることにも注意せよ。 しかしながら、xmlns 属性が XHTML モジュールの内容として使われるときはいつでも、接頭辞の有無に関わらず、この属性値は、ここで定義された XHTML 名前空間となるだろう。 XHTML ファミリー・モジュールの名前空間の利用に関する規則の詳細については、モジュールの名前空間定義を参照せよ。

実装: DTD

5.2.2. テキスト・モジュール (Text Module)

このモジュールは、全ての基礎的なテキスト・コンテナ要素、属性、その内容モデルを定義する:

要素 属性 最小内容モデル
abbr Common (PCDATA | Inline)*
acronym Common (PCDATA | Inline)*
address Common (PCDATA | Inline)*
blockquote Common, cite (URI) (PCDATA | Heading | Block | List)*
br Core EMPTY
cite Common (PCDATA | Inline)*
code Common (PCDATA | Inline)*
dfn Common (PCDATA | Inline)*
div Common (PCDATA | Flow)*
em Common (PCDATA | Inline)*
h1 Common (PCDATA | Inline)*
h2 Common (PCDATA | Inline)*
h3 Common (PCDATA | Inline)*
h4 Common (PCDATA | Inline)*
h5 Common (PCDATA | Inline)*
h6 Common (PCDATA | Inline)*
kbd Common (PCDATA | Inline)*
p Common (PCDATA | Inline)*
pre Common, xml:space="preserve" (PCDATA | Inline)*
q Common, cite (URI) (PCDATA | Inline)*
samp Common (PCDATA | Inline)*
span Common (PCDATA | Inline)*
strong Common (PCDATA | Inline)*
var Common (PCDATA | Inline)*

このモジュールの最小内容モデルは幾つかの内容セットを定義する:

Heading
h1 | h2 | h3 | h4 | h5 | h6
Block
address | blockquote | div | p | pre
Inline
abbr | acronym | br | cite | code | dfn | em | kbd | q | samp | span | strong | var
Flow
Heading | Block | Inline

実装: DTD

5.2.3. ハイパーテキスト・モジュール (Hypertext Module)

ハイパーテキスト・モジュールは、他の資源へのハイパーテキスト・リンクを定義するために使われる要素を提供する。 このモジュールは、以下の要素と属性をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
a Common, accesskey (Character), charset (Charset), href (URI), hreflang (LanguageCode), rel (LinkTypes), rev (LinkTypes), tabindex (Number), type (ContentType) (PCDATA | Inline - a)*

ものモジュールは、テキスト・モジュールの内容セット Inline に a 要素を追加する。

実装: DTD

5.2.4. リスト・モジュール (List Module)

この名前が暗示するように、リスト・モジュールは、リスト指向の要素を提供する。 明示的には、リスト・モジュールは、以下の要素をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
dl Common (dt | dd)+
dt Common (PCDATA | Inline)*
dd Common (PCDATA | Flow)*
ol Common li+
ul Common li+
li Common (PCDATA | Flow)*

このモジュールは、内容セット List も定義し、その最小内容モデルは (dl | ol | ul)+ である。そして、このモジュールは、このセットを、テキスト・モジュールの Flow 内容セットに追加する。

実装: DTD

5.3. アプレット・モジュール (Applet Module)

このモジュールは非推奨である。同様の機能はオブジェクト・モジュールで見つけられる。

アプレット・モジュールは、外部アプリケーションを参照する要素を提供する。 明示的には、アプレット・モジュールは、以下の要素と属性をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
applet Core, alt* (Text), archive (CDATA), code (CDATA), codebase (URI), height* (Length), object (CDATA), width* (Length) (PCDATA | Flow | param)*
param id (ID), name* (CDATA), type (ContentType), value (CDATA), valuetype ("data"* | "ref" | "object") EMPTY

アプレット・モジュールが使われるときは、テキスト・モジュールの Inline 内容セットに、 applet 要素を追加する。

実装: DTD

5.4. テキスト拡張モジュール (Text Extension Modules)

本節は、テキストのマークアップ・モジュールの、多様な追加を定義する。

5.4.1. プレゼンテーション・モジュール (Presentation Module)

このモジュールは、単純なプレゼンテーション関係のマークアップのための要素、属性、最小内容モデルを定義する:

要素 属性 最小内容モデル
b Common (PCDATA | Inline)*
big Common (PCDATA | Inline)*
hr Common EMPTY
i Common (PCDATA | Inline)*
small Common (PCDATA | Inline)*
sub Common (PCDATA | Inline)*
sup Common (PCDATA | Inline)*
tt Common (PCDATA | Inline)*

このモジュールが使われるときは、 hr 要素が、テキスト・モジュールの内容セット BLACK に追加される。 加えて、 b, big, i, small, sub, sup, tt 要素が、テキスト・モジュールの内容セット Inline に加えられる。

実装: DTD

5.4.2. 編集モジュール (Edit Module)

このモジュールは、編集関係のマークアップのための要素を定義する:

要素 属性 最小内容モデル
del Common, cite (URI), datetime (Datetime) (PCDATA | Flow)*
ins Common, cite (URI), datetime (Datetime) (PCDATA | Flow)*

このモジュールが使われるときは、 del 要素と ins 要素が、テキスト・モジュールの内容セット Inline に追加される。

実装: DTD

5.4.3. 双方向テキスト・モジュール (Bi-directional Text Module)

双方向テキスト・モジュールは、要素の内容に双方向規則を宣言できる要素を定義する。

要素 属性 最小内容モデル
bdo Core, dir* ("ltr" | "rtl") (PCDATA | Inline)*

このモジュールが使われるときは、 bdo 要素が、テキスト・モジュールの内容セット Inline に追加される。 このモジュールを選択すると、属性 dir* ("ltr" | "rtl") を、属性集合 I18N に加える。

実装: DTD

5.5. フォーム・モジュール (Forms Modules)

5.5.1. 基本フォーム・モジュール (Basic Forms Module)

基本フォーム・モジュールは、制限された形式だけのフォームに関連した要素を提供する。 明示的には、基本フォーム・モジュールは、以下の要素、属性、最小内容モデルをサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
form Common, action* (URI), method ("get"* | "post"), enctype (ContentType) (Heading | List | Block - form)+
input Common, accesskey (Character), checked ("checked"), maxlength (Number), name (CDATA), size (Number), src (URI), tabindex (Number), type ("text"* | "password" | "checkbox" | "radio" | "submit" | "reset" | "hidden" ), value (CDATA) EMPTY
label Common, accesskey (Character), for (IDREF) (PCDATA | Inline - label)*
select Common, multiple ("multiple"), name (CDATA), size (Number), tabindex (Number) option+
option Common, selected ("selected"), value (CDATA) PCDATA
textarea Common, accesskey (Character), cols* (Number), name (CDATA), rows* (Number), tabindex (Number) PCDATA

このモジュールは、二つの内容セットを定義する:

Form
form
Formctrl
input | label | select | textarea

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールで定義されている、内容セット Block に内容セット Form を加え、内容セット Inline に内容セット Formctrl を加える。

実装: DTD

5.5.2. フォーム・モジュール (Forms Module)

フォーム・モジュールは、 HTML 4.0 仕様書に見られる全ての機能を提供する、以下の要素と属性をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
form Common, accept (ContentTypes), accept-charset (Charsets), action* (URI), method ("get"* | "post"), enctype (ContentType) (Heading | List | Block - form | fieldset)+
input Common, accept (ContentTypes), accesskey (Character), alt (Text), checked ("checked"), disabled ("disabled"), maxlength (Number), name (CDATA), readonly ("readonly"), size (Number), src (URI), tabindex (Number), type ("text"* | "password" | "checkbox" | "button" | "radio" | "submit" | "reset" | "file" | "hidden" | "image"), value (CDATA) EMPTY
select Common, disabled ("disabled"), multiple ("multiple"), name (CDATA), size (Number), tabindex (Number) (optgroup | option)+
option Common, disabled ("disabled"), label (Text), selected ("selected"), value (CDATA) PCDATA
textarea Common, accesskey (Character), cols* (Number), disabled ("disabled"), name (CDATA), readonly ("readonly"), rows* (Number), tabindex (Number) PCDATA
button Common, accesskey (Character), disabled ("disabled"), name (CDATA), tabindex (Number), type ("button" | "submit"* | "reset"), value (CDATA) (PCDATA | Heading | List | Block - Form | Inline - Formctrl)*
fieldset Common (PCDATA | legend | Flow)*
label Common, accesskey (Character), for (IDREF) (PCDATA | Inline - label)*
legend Common, accesskey (Character) (PCDATA | Inline)+
optgroup Common, disabled ("disabled"), label* (Text) option+

このモジュールは二つの内容セットを定義する:

Form
form | fieldset
Formctrl
input | select | textarea | label | button

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールで定義されている、内容セット Block に内容セット Form を加え、内容セット Inline に内容セット Formctrl を加える。

フォーム・モジュールは、基本フォーム・モジュールを包含するセットである。 これらのモジュールは、単一の文書型で一緒に使われてはならない。

実装: DTD

5.6. 表モジュール (Table Modules)

5.6.1. 基本表モジュール (Basic Tables Module)

基本表モジュールは、制限された形式だけの表に関連した要素を提供する。 明示的には、基本表モジュールは以下の要素と属性をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
caption Common (PCDATA | Inline)*
table Common , summary ( Text ), width ( Length ) caption?, tr+
td Common, abbr (Text), align ("left" | "center" | "right"), axis (CDATA), colspan (Number), headers (IDREFS), rowspan (Number), scope ("row" | "col"), valign ("top" | "middle" | "bottom") (PCDATA | Flow - table)*
th Common, abbr (Text), align ("left" | "center" | "right"), axis (CDATA), colspan (Number), headers (IDREFS), rowspan (Number), scope ("row" | "col" ), valign ("top" | "middle" | "bottom") (PCDATA | Flow - table)*
tr Common, align ("left" | "center" | "right"), valign ("top" | "middle" | "bottom") (td | th)+

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールで定義された内容セット Block に、 table 要素を追加する。

実装: DTD

5.6.2. 表モジュール (Tables Module)

この名前が暗示するように、表モジュールは、非視覚系ユーザー・エージェントによっても上手くアクセスできるような、表関連の要素を提供する。 明示的には、表モジュールは、以下の要素、属性、内容モデルをサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
caption Common (PCDATA | Inline)*
table Common, border (Pixels), cellpadding (Length), cellspacing (Length), datapagesize (CDATA), frame ("void" | "above" | below" | "hsides" | "lhs" | "rhs" | "vsides" | "box" | "border"), rules ("none" | "groups" | "rows" | "cols" | "all"), summary (Text), width (Length) caption?, ( col* | colgroup* ), (( thead?, tfoot?, tbody+ ) | ( tr+ ))
td Common, abbr (Text), align ("left" | "center" | "right" | "justify" | "char"), axis (CDATA), char (Character), charoff (Length), colspan (Number), headers (IDREFS), rowspan (Number), scope ("row", "col", "rowgroup", "colgroup"), valign ("top" | "middle" | "bottom" | "baseline") (PCDATA | Flow)*
th Common, abbr (Text), align ("left" | "center" | "right" | "justify" | "char"), axis (CDATA), char (Character), charoff (Length), colspan (Number), headers (IDREFS), rowspan (Number), scope ("row", "col", "rowgroup", "colgroup"), valign ("top" | "middle" | "bottom" | "baseline") (PCDATA | Flow)*
tr Common, align ("left" | "center" | "right" | "justify", "char"), char (Character), charoff (Length), valign ("top" | "middle" | "bottom" | "baseline") (td | th)+
col Common, align ("left" | "center" | "right" | "justify", "char"), char (Character), charoff (Length), span (Number), valign ("top" | "middle" | "bottom" | "baseline"), width (MultiLength) EMPTY
colgroup Common, align ("left" | "center" | "right" | "justify", "char"), char (Character), charoff (Length), span (Number), valign ("top" | "middle" | "bottom" | "baseline"), width (MultiLength) col*
tbody Common, align ("left" | "center" | "right" | "justify", "char"), char (Character), charoff (Length), valign ("top" | "middle" | "bottom" | "baseline") tr+
thead Common, align ("left" | "center" | "right" | "justify", "char"), char (Character), charoff (Length), valign ("top" | "middle" | "bottom" | "baseline") tr+
tfoot Common, align ("left" | "center" | "right" | "justify", "char"), char (Character), charoff (Length), valign ("top" | "middle" | "bottom" | "baseline") tr+

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールの内容セット Block に、 table 要素を追加する。

実装: DTD

5.7. 画像モジュール (Image Module)

画像モジュールは、基本的な画像の挿入方法を提供し、クライアント・サイド・イメージマップとは独立の実装で利用されて良い。 画像モジュールは、以下の要素と属性をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
img Common, alt* (Text), height (Length), longdesc (URI), src* (URI), width (Length) EMPTY

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールの内容セット Inline に、 img 要素を追加する。

実装: DTD

5.8. クライアント・サイド・イメージマップ・モジュール (Client-side Image Map Module)

クライアント・サイド・イメージマップ・モジュールは、クライアント・サイド・イメージ・マップのための要素を提供する。 画像モジュール(又は img 要素をサポートしている他のモジュール)が含まれていることを要求する。 クライアント・サイド・イメージマップ・モジュールは、以下の要素をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
a& coords (CDATA), shape ("rect" | "circle" | "poly" | "default") n/a
area Common, accesskey (Character), alt* (Text), coords (CDATA), href (URI), nohref ("nohref"), shape ("rect"* | "circle" | "poly" | "default"), tabindex (Number) EMPTY
img& usemap (IDREF) n/a
input& usemap (IDREF) n/a
map I18N, Events, class (NMTOKEN), id* (ID), title (CDATA) ((Heading | Block) | area)+
object& usemap (IDREF) 注意:オブジェクト・モジュールが含まれている場合に限る

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールの内容セット Inlinemap 要素が追加される。

実装: DTD

5.9. サーバー・サイド・イメージ・マップ・モジュール (Server-side Image Map Module)

サーバー・サイド・イメージ・マップ・モジュールは、画像選択と選択座標の連絡のサポートを提供する。 画像モジュール(又は img 要素をサポートしている他のモジュール)が含まれていることを要求する。 サーバー・サイド・イメージ・マップ・モジュールは、以下の属性をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル 注意
img& ismap ("ismap") n/a  
input& ismap ("ismap") n/a フォームモジュール、もしくは基本フォームモジュールが選択されているとき

実装: DTD

5.10. オブジェクト・モジュール (Object Module)

オブジェクト・モジュールは、多目的なオブジェクトを挿入するための要素を提供する。明示的には、オブジェクト・モジュールは、以下をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
object Common, archive (URIs), classid (URI), codebase (URI), codetype (ContentType), data (URI), declare ("declare"), height (Length), name (CDATA), standby (Text), tabindex (Number), type (ContentType), width (Length) (PCDATA | Flow | param)*
param id (ID), name* (CDATA), type (ContentType), value (CDATA), valuetype ("data"* | "ref" | "object") EMPTY

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールの内容セット Inline に、 object 要素を追加する。

実装: DTD

5.11. フレーム・モジュール (Frames Module)

この名前が暗示する通り、フレーム・モジュールはフレーム関連の要素を提供する。明示的には、フレーム・モジュールは以下をサポートする:

要素 属性 最小内容モデル
frameset Core , cols ( MultiLength ), rows ( MultiLength ) (frameset | frame)+, noframes?
frame Core , frameborder ("1" | "0"), longdesc ( URI ), marginheight ( Pixels ), marginwidth ( Pixels ), noresize ("noresize"), scrolling ("yes" | "no" | "auto"*), src ( URI ) EMPTY
noframes Common body

このモジュールが使われるときは、 構造モジュールの html 要素の最小内容モデルが、 (head, frameset) に変更される。

実装: DTD

5.12. ターゲット・モジュール (Target Module)

フレームの内容は、選択されるための目的地となるターゲットを明確にしておくことが出来る。このモジュールは、領域とリンクの定義する要素に対して target 要素を加える。 これは、フレームに読み込まれる文書及び、新しいウィンドウを開く target の機能を利用する文書に含められるように、分離モジュールとして定義されている。

要素 属性 注意
a& target ( CDATA )  
area& target ( CDATA ) Client-side Image Map Module が選択されているとき
base& target ( CDATA ) Legacy Module が選択されているとき
link& target ( CDATA ) Link Module が選択されているとき
form& target ( CDATA ) Basic Forms または Forms module が選択されているとき

実装: DTD

5.13. インライン・フレーム・モジュール (Iframe Module)

インライン・フレーム・モジュールはインライン・フレームの定義のための要素を定義する。 このモジュールに含まれる要素と属性は以下のとおり:

要素 属性 最小内容モデル
iframe Core, frameborder ("1" | "0"), height (Length), longdesc (URI), marginheight (Pixels), marginwidth (Pixels), scrolling ("yes" | "no" | "auto"*), src (URI), width (Length) (PCDATA | Flow)*

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールの内容セット Inline に、 iframe 要素が含まれる。

実装: DTD

5.14. 組み込みイベント・モジュール (Intrinsic Events Module)

組み込みイベントは、ユーザーによって或る動作が為されたとき、特定のイベントを起こし得る要素と共に用いる属性である。 これらの要素を定義するモジュールが選択されたときだけ、下記の表に示された属性は、それぞれの要素の属性セットに加えられる。 また、このモジュールのそのような選択が、上で定義されている属性集合 Events を定義することに注意せよ。このモジュールで定義される属性は、以下のとおり:

要素 属性 注意
a& onblur (Script), onfocus (Script)  
area& onblur (Script), onfocus (Script) Client-side Image Map Module も使われているとき
frameset& onload (Script), onunload (Script) Frames Module も使われているとき
form& onreset (Script), onsubmit (Script) Basic Forms か Forms Module が使われているとき
body& onload (Script), onunload (Script)  
label& onblur (Script), onfocus (Script) Forms Module が使われているとき
input& onblur (Script), onchange (Script), onfocus (Script), onselect (Script) Basic Forms or Forms Module が使われているとき
select& onblur (Script), onchange (Script), onfocus (Script) Basic Forms か Forms Module が使われているとき
textarea& onblur (Script), onchange (Script), onfocus (Script), onselect (Script) Basic Forms か Forms Module が使われているとき
button& onblur (Script), onfocus (Script) Forms Module が使われているとき

実装: DTD

5.15. メタ情報モジュール (Metainformation Module)

メタ情報モジュールは、文書の宣言部内(XHTML では head 要素内)で情報を記述する要素を定義する。 このモジュールは、以下の要素を含む:

要素 属性 最小内容モデル
meta I18N, content* (CDATA), http-equiv (NMTOKEN), name (NMTOKEN), scheme (CDATA) EMPTY

このモジュールが選択されたときは、構造モジュールで定義される head 要素の内容モデルに、 meta 要素が追加される。

実装: DTD

5.16. スクリプティング・モジュール (Scripting Module)

スクリプティング・モジュールは、実行可能なスクリプトに属する情報、実行可能なスクリプトのサポートの欠如に属する情報を含むときに用いる要素を定義する。 このモジュールに含まれる要素と属性は次の通り:

要素 属性 最小内容モデル
noscript Common (Heading | List | Block)+
script charset (Charset), defer ("defer"), src (URI), type* (ContentType), xml:space="preserve" PCDATA

このモジュールが使われるときは、テキスト・モジュールの内容セット BlockInline に、 script 要素と noscript 要素が追加される。 加えて、構造モジュールで定義される head 要素の内容モデルに script 要素が追加される。

実装: DTD

5.17. スタイル・シート・モジュール (Style Sheet Module)

スタイル・シート・モジュールは、内部スタイル・シートを宣言するときに使う要素を定義する。 このモジュールで定義される要素と属性は以下のとおり:

要素 属性 最小内容モデル
style I18N, media (MediaDesc), title (Text), type* (ContentType), xml:space="preserve" PCDATA

このモジュールが使われるときは、構造モジュールの head 要素の内容モデルに、 style 要素を追加する。

実装: DTD

5.18. スタイル属性モジュール (Style Attribute Module)

スタイル属性モジュールは、 style 属性を定義する。 このモジュールが選択されると、スタイル属性集合を有効にする。

実装: DTD

5.19. リンク・モジュール (Link Module)

リンク・モジュールは、外部資料へのリンクを定義するために用いる要素を定義する。 これらの資料・資源は、ユーザー・エージェントの、関連する XHTML 文書を処理する能力を増加させるために、しばしば用いられる。 このモジュールに含まれる要素と属性は以下のとおり:

要素 属性 最小内容モデル
link Common, charset (Charset), href (URI), hreflang (LanguageCode), media (MediaDesc), rel (LinkTypes), rev (LinkTypes), type (ContentType) EMPTY

このモジュールが使われるときは、構造モジュールで定義される head 要素の内容モデルに、 link 要素を追加する。

実装: DTD

5.20. ベース・モジュール

ベース・モジュールは、当該文書内の相対 URI を解決するときの基本 URI を定義するために使われる要素を定義する。 このモジュールに含まれる要素と属性は以下のとおり:

要素 属性 最小内容モデル
base href* (URI) EMPTY

When this module is used, it adds the base element to the content model of the head element of the Structure Module.

実装: DTD

5.21. 名前識別子モジュール

このモジュールは非推奨。

名前識別子モジュールは、要素集合に対して name 属性を定義する。 name 属性は、歴史的には HTML 文書中の特定の要素を識別するために用いられていた。 name 属性は全てのこれらの要素で id 属性に取り替えられたので、マークアップ言語が両方をサポートするように望むような文書例が存在するかも知れない。 そのようなマークアップ言語は、このモジュールを含むことで対応してよい。

このモジュールを含むことで、 name 属性と id 属性の両方が、要素の指示のために定義されることに注意せよ。 このような状況では、 name 属性が或る要素に定義されれば、 id 属性もまた定義されなければならない。 更に、これらの属性は、両方とも同じ値を持たなければならない。 最後に、この属性を用いる文書が、インターネット・メディア・タイプ "text/xml" または "application/xml" として用意されるときは、これらの要素の name 属性は部分識別子として用いられないことが望ましい。

要素 属性 注意
a& name (CDATA)  
applet& name (CDATA) Applet Module が選択されるとき
form& name (CDATA) Forms 又は Basic Forms Module が選択されるとき
frame& name (CDATA) Frames Module が選択されるとき
iframe& name (CDATA) Iframe Module が選択されるとき
img& name (CDATA) Image Module が選択されるとき
map& name (CDATA) Client-side Image Map Module が選択されるとき

実装: DTD

5.22. 遺産モジュール (Legacy Module)

遺産モジュールは、以前の版である HTML と XHTML で、すでにして非推奨であり、 XHTML モジュール化でも非推奨とされる要素と属性を定義する。 マークアップ言語の作者はもはやこれらの要素と属性を使うべきではない。

以下の表は、遺産モジュールが選択されたときに定義される要素と属性を定義する。

要素 属性 最小内容モデル
basefont color (Color), face (CDATA), id (ID), size (CDATA) EMPTY
center Common (PCDATA | Flow)*
dir Common, compact ("compact") (li)+
font Core, I18N, color (Color), face (CDATA), size (CDATA) (PCDATA | Inline)*
isindex Core, I18N, prompt (Text) EMPTY
menu Common, compact ("compact") (li)+
s Common (PCDATA | Inline)*
strike Common (PCDATA | Inline)*
u Common (PCDATA | Inline)*

以下の表は遺産モジュールが選択されたとき、他で定義されている要素に対する、追加的な属性を示している。

要素 属性 注意
body& alink (Color), background (URI), bgcolor (Color), link (Color), text (Color), vlink (Color)  
br& clear ("left" | "all" | "right" | "none"*)  
caption& align ("top" | "bottom" | "left" | "right")  
div& align ("left" | "center" | "right" | "justify")  
dl& compact ("compact"), type (CDATA)  
h1-h6& align ("left" | "center" | "right" | "justify")  
hr& align ("left" | "center" | "right" | "justify"), noshade ("noshade"), size (Pixels), width (Length),  
img& align ("left" | "center" | "right" | "justify"), border (Pixels), hspace (Pixels), vspace (Pixels)  
input& align ("top" | "middle" | "bottom" | "left" | "right") Basic Forms と Forms Module が選択されるとき
legend& align ("left" | "center" | "right" | "justify") Forms Module が選択されるとき
li& type (CDATA), value (Number)  
ol& compact ("compact"), start (Number), type (CDATA)  
p& align ("left" | "center" | "right", "justify")  
pre& width (Number)  
script& language (CDATA) Scripting module が選択されるとき
table& align ("left" | "center" | "right"), bgcolor (Color) Tables module が選択されるとき
tr& bgcolor (Color) Tables module が選択されるとき
th& bgcolor (Color), height (Pixels) nowrap ("nowrap"), width (Length) Tables module が選択されるとき
td& bgcolor (Color), height (Length) nowrap ("nowrap"), width (Pixels) Tables module が選択されるとき
ul& compact ("compact"), type (CDATA)  

実装: DTD



この邦訳は、私 SUGAI, Manabu が私的な勉強のために作成したものです。訳文の正確さは保証できません。特に技術的な利用においては、 W3C の原典を参照してください。

last modified: 11th/Aug./2001; Translated by SUGAI, Manabu.

SEO [PR] ܂Ƃ߃[ Windows7 ₦΍ f ^T[o[ Cu`bg SEO