<<PREV | TOP | NEXT>>

NOFRAMES 要素

last modified 9th/Nov. 2000

  1. Frameset 文書とは何だろうか
  2. Frameset DTD
  3. FRAMESET 要素
  4. FRAME 要素
  5. NOFRAMES 要素
  6. リンク先の表示フレーム枠指定
  7. 複数フレーム枠の同時更新

Frameset DTD に則った文書( FRAMESET 文書)は、複数の HTML 文書を組み合わせ、ブラウザのウィンドウを分割して表示します。しかし、 Frameset 文書をサポートしないブラウザも多くあります。非視覚系ブラウザは Frameset 文書は全く閲覧できません。 NOFRAMES 要素は、Frameset 文書の代替テキストを提供します。

Frameset DTD による NOFRAMES の定義;

<!ENTITY % noframes.content "(BODY) -(NOFRAMES)">

<!ELEMENT NOFRAMES - - %noframes.content;
 -- alternate content container for non frame-based rendering -->
<!ATTLIST NOFRAMES
  %attrs;                              -- %coreattrs, %i18n, %events --
  >

NOFRAMES 要素は、 Frameset 文書をサポートしていないブラウザや、表示しないように設定している場合にだけ表示されます。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
     "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
  <html>
  <head>
  <title>a frameset document with noframes</title>
  </head>
  <frameset cols="50%, 50%">
     <frame src="./main.html">
     <frame src="./toc.html">
     <noframes>
     <body>
     <p>
     <a href="./main-noframes.html">非フレーム文書</a>も用意されています。
     </p>
     </body>
     </noframes>
  </frameset>
  </html>

BODY 要素の開始タグ、終了タグは省略可能ですが、ここでは省略しませんでした。 Frameset 文書を表示しないブラウザの場合には、この文書は次のように解釈されます;

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
     "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
  <html>
  <head>
  <title>a frameset document with noframes</title>
  </head>
     <body>
     <p>
     <a href="./main-noframes.html">非フレーム文書</a>も用意されています。
     </p>
     </body>
  </html>

NOFRAMES 要素を与えれば十分というわけでは有りません。フレームを表示しないブラウザでも閲覧できるように、適切にナビゲートして下さい。例えば、次の例は全く意味が有りません;

意味が無い例;

<noframes>
 <body>
  <p>フレーム・サポートブラウザで見て下さい。</p>
 </body>
</noframes>

Transitional DTD における NOFRAMES 要素

NOFRAMES 要素は Transitional DTD でも定義されています。 通常の HTML 文書中の NOFRAMES 要素も、 フレーム非サポート・ブラウザか、フレームを表示しないように設定している場合に限り表示されます。これによって、本来は FRAME の内容として読まれることを意図した文書の意図や、ナビゲーションを与える事が可能です。

Transitional DTD における NOFRAMES 要素の定義は、 Frameset DTD の場合と同様ですが、内容モデルが %flow; になります。

FRAME の内容として意図された文書には、ナビゲーション用のリンクが不足している事が多いので、 Transitinal の文書にも NOFRAMES 要素が非常に有用である事を覚えておいて下さい。

<<PREV | TOP | NEXT>>

SEO [PR] [ Windows7 f ^T[o[ Cu`bg SEO