<<PREV | TOP | NEXT>>

Frameset 文書とは何だろうか

  1. Frameset 文書とは何だろうか
  2. Frameset DTD
  3. FRAMESET 要素
  4. FRAME 要素
  5. NOFRAMES 要素
  6. リンク先の表示フレーム枠指定
  7. 複数フレーム枠の同時更新

Frameset 文書(フレーム文書)とは、複数の HMTL 文書を組み合わせて一つのページで表示するための枠(フレーム)のことです。フレーム文書では、枠の分割方法と、各々の枠に最初に表示するファイルを指定しておきます。[SAMPLE]

簡単な例

二つの HTML ファイル; navi.htmlbody.html を組み合わせて、一つの文書として表示したいとします。

表示枠の上側に navi.html、下側に body.html を組み合わせて表示した文書を frame.html とすると、 frame.html の HTML ソースは、次のようになります。

【表示概念図】

 ----------------------
|        bar           |   <-- navi.htmlが表示
|----------------------|
|                      |
|        main          |   <-- body.hmtlが表示
|                      |
|                      |
 ----------------------

【例文】

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
            "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<html lang="ja">
 <head>
   <title>フレーム文書</title>
 </head>
 <frameset rows="20,*">
   <frame src="./navi.html" name="bar">
   <frame src="./body.html" name="main">
   <noframes>
     <body>
     ほげほげ
     </body>
   </noframes>
</frameset>
</html>
上段
下段

これが基本的なフレームの説明です。

ここでは、表示枠を上下に分割する為に、 frameset 要素に rows 属性を与えました。左右に分割する場合、 cols 属性を用います。

<<PREV | TOP | NEXT>>

SEO [PR] [ Windows7 f ^T[o[ Cu`bg SEO