<<PREV | TOP | NEXT>>

CITE Element

last modified 5th/Oct. 2000

CITE 要素は引用元や他の文書の参照を明示する要素です。

CITE 要素は %phrase に属すするインライン要素です。 この要素は任意のインライン要素を子供要素に持ち得ます。

<p>
<cite>セーレン・キルケゴールの「死にいたる病」</cite>によれば、
<q lang="jp">死が希望となるほどに危険が大きいとき、そのときの、
死ぬことさえもできないという希望のなさ</q>
を<q lang="jp">絶望</q>と呼んでいる。
</p>
<p>
そして、このときまさに、<q lang="jp">絶望</q>は<q lang="jp">死にいたる病</q>だと云う。
</p>

CITE 要素は多くのブラウザでイタリック体で表示されています。この表示体裁はスタイルシートで変更できます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
        "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html lang="ja">
  <head>
    <title>CSS2 による自動挿入の制御</title>
    <meta http-equiv="content-style-type" content="text/css">
    <style type="text/css">
      <!--
cite { font-style: normal;
  text-decoration: underline}
      -->
    </style>
  </head>
  <body>
    <p>
      <cite>セーレン・キルケゴールの「死にいたる病」</cite>によれば、
      <q lang="jp">死が希望となるほどに危険が大きいとき、そのときの、
      死ぬことさえもできないという希望のなさ</q>
      を<q lang="jp">絶望</q>と呼んでいる。
    </p>
    <p>
      そして、このときまさに、<q lang="jp">絶望</q>は、
      <q lang="jp">死にいたる病</q>だと云う。
    </p>
  </body>
</html>

上の例では、この文書に現れる全ての CITE 要素が通常の文字で表示され、下線が引かれます。

Q 要素は引用語句を表すインライン要素で、入れ子関係になる可能性も有ります。引用語句は通常引用符で括られます。規格によれば、ブラウザは Q 要素の開始直後と終了直前に、適切な引用符を自動的に挿入するように定められています。

表示例;

セーレン・キルケゴールの「死にいたる病」によれば、 死が希望となるほどに危険が大きいとき、そのときの、 死ぬことさえもできないという希望のなさ絶望と呼んでいる。

そして、このときまさに、絶望は、 死にいたる病だと云う。

<<PREV | TOP | NEXT>>

SEO [PR] [ Windows7 f ^T[o[ Cu`bg SEO