<<PREV | TOP | NEXT>>

HEAD 要素

last modified 5th/Oct. 2000

HEAD 要素は HTML 要素の直接の子供要素の一つです。 HTML 文書のヘッダーとしての役割を果たします。

具体的には、 文書のタイトルの他、言語、文字コード、スクリプト、スタイルシートなどの情報をここに記述できます。

HEAD 要素には、子要素として必ず一つの TITLE 要素が必要です。

他に、 BASE 要素META 要素LINK 要素、 SCRIPT 要素、 STYLE 要素OBJECT 要素が子要素になり得ます。

DTD 抜粋

<!ENTITY % head.misc "SCRIPT|STYLE|META|LINK|OBJECT" -- repeatable head elements -->
<!ENTITY % head.content "TITLE & BASE?">


<!ELEMENT HEAD O O (%head.content;) +(%head.misc;) -- document head -->
<!ATTLIST HEAD
  %i18n;                               -- lang, dir --
  profile     %URI;          #IMPLIED  -- named dictionary of meta info --
  >

内容モデルの "+(A)" は、 A が現れても良いことを表す。

内容セット

head 要素は二つの内容セットを定義している。

%head.content;
title & isindex? & base?
%head.misc;
script|style|meta|link|object

内容モデルの "A?" は、 A がゼロ又は一回現れることを意味する。

内容モデルの "A|B" は、 A 又は B の何れかだけが現れなければならないことを意味する。 "+(A|B)" として使われると、 A, B の何れも、現れても、現れなくてもよいという意味になる(論理式)。

属性

%i18n;
国際化 (Internationalization; i18n) 関連の属性セット。
profile = uri [CT]
一つ以上のメタデータプロファイルの URI を指定する。個々の URI はスペースで区切る。

サンプル

次の例では、文書の索引づけに有用なプロパティを定義する、仮定的プロファイルを参照してる。このプロファイルによって定義されるプロパティには、「著者」、「著作権」、「キーワード」、「日付」が含まれ、各プロパティの値が一連の meta 宣言によって設定されている。

 <head profile="http://www.acme.com/profiles/core">
  <title>how to complete memorandum cover sheets</title>
  <meta name="author" content="John Doe">
  <meta name="copyright" content="&copy; 1997 acme corp.">
  <meta name="keywords" content="corporate,guidelines,cataloging">
  <meta name="date" content="1994-11-06t08:49:37+00:00">
 </head>

<<PREV | TOP | NEXT>>

SEO [PR] [ Windows7 f ^T[o[ Cu`bg SEO