<<PREV | TOP | NEXT>>

IMG 要素の垂直配置調整

last modified 10th/Oct. 2000

  1. 画像要素
  2. IMG 要素の基本
    1. 代替テキストの指定 - alt 属性と title 属性の利用
    2. 画像をより軽快に - フォーマットなど
  3. 画像の垂直方向の表示位置
  4. 浮動化と後続テキストの周りこみ
  5. 周囲に空白を挿入
  6. 周囲にボーダーを表示

IMG, APPLET, OBJECT 要素などにより実現されるオブジェクトには、周囲のテキストに対する表示位置を調整する align 属性が指定できます。

align 属性は廃止予定とされる非推奨属性です。できるだけ CSS を利用したほうが良いでしょう。

align = bottom|middle|top|left|right

initial, bottom, top, middle.
top.

ここに紹介した表示体裁の調整は CSS を用いる事で、より柔軟に木目細かく指定できます。 align 属性は非推奨属性ですから、出来るだけ CSS を利用するようにしましょう。

次に、 CSS の 'vertical-align' プロパティを利用した垂直方向の表示位置の調整方法を紹介します。

<<PREV | TOP | NEXT>>

SEO [PR] [ Windows7 f ^T[o[ Cu`bg SEO