<<PREV | TOP | NEXT>>

文字参照

last modified 8th/Oct. 2000

キーボードから直接入力できない文字や、利用している文字セットに含まれない文字、タグの区切り文字などを通常の文章で利用するために、文字参照と云う方法が用意されています。

文字参照はアンド記号 & からセミコロン ; までの文字列で実現されます。

その形式には、 10 進数か 16 進数を利用した番号文字参照とキーワードを利用した文字実体参照の二つがあります。

番号文字参照

文字セット ISO 10646 の符号位置を番号で直接参照するものです。

10進数文字参照
&#???;...??? は ISO 10646 の 10 進数での符号位置。
16進数文字参照
&#x???;...??? は ISO 10646 の 16 進数での符号位置。数値文字参照の 16 進数参照では大文字と小文字を区別しません。
番号文字参照の例
参照例種別説明表示例
&#229;十進ノルウエー語等で使われる、「上に小さい円がついた小文字a」å
&#xE5;十六進å
&#Xe5;十六進å
&#1048;十進キリル大文文字。И
&#x6C34;十六進漢字の「水」。

10 進数番号文字参照が最もサポートされていると言ってよいでしょう。

文字実体参照

HTML では番号文字参照に加えて、より直感的なキーワードによる文字実体参照が用意されています。

番号文字参照で利用できる全ての文字をキーワードで参照できる訳ではありませんが、実際に記述する場合に不足は殆どないでしょう。

文字実体参照では大文字と小文字を区別します。

よく利用する文字実体参照の例
文字参照番号参照説明表示例 文字参照番号参照説明表示例
&lt;&#60;less than< &gt;&#62;greater than>
&amp;&#38;アンド記号& &nbsp;&#160;半角スペース 
&quot;&#34;二重引用符" &copy;&#169;CopyRight©
&Aring;&#197;A with ring aboveÅ &aring;&#229;a with ring aboveå

使用例

<title>Scr&ouml;dinger Eq. 入門</title>
<p>LaTeX2&epsilon; は、LaTeX version 2.09 の上位バージョンで、
LaTeX3 策定グループによってリリースされた LaTeX3 への移行型マグロ群です。</p>

表示例;

LaTeX2ε は、LaTeX version 2.09 の上位バージョンで、 LaTeX3 策定グループによってリリースされた LaTeX3 への移行型マグロ群です。

<<PREV | TOP | NEXT>>

SEO [PR] [ Windows7 f ^T[o[ Cu`bg SEO