pre 要素

since: 31st/Aug./2001; last modified: 13th/Sep./2001

pre 要素タイプはテキストモジュールに含まれており、 XHTML 1.1 の内容モデルでは、、内容セット Block に含まれ、 DTD では %Block.mix; に含まれます。従って、例えば body 要素タイプの子要素として定義されています。

名前pre
分類Block
意味preformatted text
日本語整形済みテキスト

pre 要素タイプは、 "preformatted text" を意味し、ソースでの空白・改行が、ユーザーエージェントによる解釈後も保存されます。 XML では特殊属性 xml:space="preserve" が指定されていることを意味します。

通常の要素では、ソースでの空白・改行は、ユーザーエージェントによって解釈されるときに、簡潔にまとめられます。このお陰で、ソースでは自由にインデントを取ることができます。しかし、詩歌やプログラムソースなど、空白・改行に意味がある場合もあります。このようなときに、 pre 要素を用いるのです。

概念モジュール定義
要素 属性 最小内容モデル
pre Common, xml:space="preserve" (PCDATA | Inline)*

実装: DTD、モジュール: Block Phrasal

内容モデル

この要素の内容には、解析対象となる文字データ (PCDATA) と、 テキストレベルであり、且つフォントの大きさを変更しない要素が許されます。

<!ENTITY % pre.content
     "( #PCDATA
      | %InlStruct.class;
      %InlPhras.class;
      | %tt.qname; | %i.qname; | %b.qname;
      %I18n.class;
      %Anchor.class;
      | %script.qname; | %map.qname;
      %Inline.extra; )*"
>
pre 要素の内容モデル
クラス要素タイプ
%InlStruct.class; br | span
%InlPhras.class; em | strong | dfn | code | samp | kbd | var | cite | abbr | acronym | q
tt | i | b
%I18N.class; bdo
%Anchor.class; a
script | map

通常の Inline から、文字の大きさや行の高さを変更するような要素が除かれています。具体的に除かれている要素は次のとおりです: big | small | sub | sup | img | input | select | textarea | label | button | ruby | ins | del noscript.

属性

Common
xml:space = "preserve"

サンプル

<p>上田敏、『海潮音』より「春の朝」:</p>
<pre>
       春の朝
時は春、
日は朝、
朝は七時、
片岡に露みちて、
揚雲雀なのりいで、
蝸牛枝に這い、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。
</pre>

Copyright © 2001, SUGAI, Manabu. All rights reserved. 著作権は放棄していません。
SEO [PR] ”š‘¬!–³—¿ƒuƒƒO –³—¿ƒz[ƒ€ƒy[ƒWŠJÝ –³—¿ƒ‰ƒCƒu•ú‘—