base 要素

since: 31st/Aug./2001; last modified: 8th/Sep./2001

base 要素タイプはベースモジュールに含まれる要素で、 head 要素の子要素として定義されています。 head 要素は一つの base 要素を持って良いことになっています。

base 要素タイプの役割は、当該文書内に記述されている相対 URI を解決する為の基準 URI を明示的に指定することです。

したがって、当該文書内で相対 URI が登場するよりも先に記述する必要があります。 meta 要素の HTTP 応答メッセージヘッダの直後あたりに記述するのが適当でしょう。

ベース・モジュール [私訳]
base
要素 属性 最小内容モデル
base href* (URI) EMPTY

実装: DTD

内容モデル

base 要素は、 meta, link, br, hr 等の要素と同様に内容を持たない空要素です。

<base href="http://www.sugai.f2s.com/web/" />

属性

base 要素の属性は href (HyperReference) だけが定義されており、且つ必須属性です。

サンプル

<head>
<meta http-equiv="content-type"
      content="text/html; charset=Shift_JIS" />
<base href="http://www.sugai.f2s.com/" />
<link rel="bookmark" href="./links/index.html" />
<link rel="bookmark" href="./web/links/index.html" />
<title>XHTML とはなんだろうか</title>
</head>

上のサンプル文書では、当該文書の基準 URI が http://www.sugai.f2s.com/ に指定されています。したがって、相対 URI ./links/index.html 及び ./web/links/index.html は、次のように絶対 URI に解決されます:

http://www.sugai.f2s.com/links/index.html
http://www.sugai.f2s.com/web/links/index.html

Copyright © 2001, SUGAI, Manabu. All rights reserved. 著作権は放棄していません。
SEO [PR] ”š‘¬!–³—¿ƒuƒƒO –³—¿ƒz[ƒ€ƒy[ƒWŠJÝ –³—¿ƒ‰ƒCƒu•ú‘—