2. 用語と定義 (Terms and Definitions)

本節は参考的

幾つかの用語はその都度定義されるが、以下の定義は本文書を通して利用される。 W3C XML 1.0 勧告 [XML] に精通していることが強く推奨される。

抽象モジュール
内容の明確な型と、この明確な型を反映したマークアップ構造に対応した、文書型仕様の単位。
内容モデル
要素型の実例(実際の文書の中で利用されている個々の要素)の内部に許されていると宣言されたマークアップ構造。 XML 1.0 は二つの型を区別する:要素内容だけしか含まない要素(文字データは不可)と、混在した内容を含む要素(子要素を任意の場所に含む文字データも内容として許された要素)。 後者は、 "#PCDATA" (文字データであることを示す)と言う文字列で開まる内容仕様書によって、その性質が記述されている。
文書モデル
与えられた文書型の、実際の構造と制限。文書モデルは、文書クラスの物理的、意味的な構造の、抽象的な表現を構成する。
文書型
共通の抽象的な構造を共有する文書のクラス。 ISO 8879 [SGML] では以下のように定義している: 「似たような特性をもつ文書クラス;例えば、記事、論文、技術的指導書、メモ (4.102) 」
文書型定義 (DTD)
特定の文書型の実例である文書(実際の文書)が準拠すべき XML 構造と構文規則 (syntax rules) の、公式の機械可読表現; XML 1.0 において、実際の文書が、その宣言されている文書型に準拠するか、その妥当性検証のために用いられる規則タイプ。 同じマークアップ・モデルが、複数の DTD で表現されることもある。
ドライバ
DTD モジュールを宣言、展開するために用いられるファイルで、一般に短い。 経験的な良い規則は、 DTD ドライバが、文書モデル自身の如何なる部分であれ包含するようなマークアップ宣言を全く含まないことである。
要素
要素タイプのインスタンス(実例)。
要素タイプ
要素の定義、すなわち、文書内容の、明確な意味のクラスためのコンテナ。
実体
実体とは、文書内容を保持する、論理的または物理的な貯蔵単位である。 実体は、構文解析可能な XML マークアップや文字データ、或いは構文解析不可の(例えば、非 XML 、或いは非テキスト的もあり得る)内容から構成されているかもしれない。 実体内容は、完全に文書実体の中だけで定義されても良いし(「内部実体」)、文書実体の外部で定義されても良い(「外部実体」)。 構文解析された実体では、置換テキストは他の実体の参照を含んでも良い。
実体参照
宣言された実体の参照に用いる、記憶しやすい文字列(例えば、 "&amp;" は "&"、 "&lt;" は "<"、 "&copy;" は "©")。
属識別子 (generic identifier)
要素の要素タイプを識別する名前。要素タイプの名前でもある。
混合文書
混合文書とは、複数の XML 名前空間を利用する文書のことである。 混合文書は、複数の文書型を混合したものから得られる要素や属性を含む文書として定義しても良い。
実体展開 (instantiate)
実体参照を、その宣言された内容のインスタンスに置き換えること。
マークアップ宣言
DTD の中で、実体の宣言やマークアップ構造を定義する、構文的な構造である。 XML DTD の中では、四つのタイプが特定される: 実体宣言は、記憶しやすい文字列と、それを置換する内容の結合を定義している; 要素宣言は、どの要素タイプが、ある要素の子孫要素に現れ得るかを制限している(内容モデルも参照せよ); 属性定義リスト宣言は、与えられた要素に対する属性の組を定義し、型の制限と初期値を確定していることもある; 表記法宣言は、表記法名と、構文解析されていない実体のフォーマットを参照する外部識別子の結合を定義している。
マークアップ・モデル
文書型定義(すなわち、スキーム)によって定義される、マークアップ語彙(すなわち、要素や属性の名前、表記法などの種類)や、文法(すなわち、その語彙の定められた利用)。 マークアップ・モデルは、文書モデルのマークアップ構文の、具体的な表現であり、厳密な準拠性の様々な水準で定義されて良い。 同じ文書型が、複数のマークアップ・モデルで表現されることもある。
モジュール
文書モデルの中で DTD の断片として表現される抽象的単位であり、 柔軟性、更新可能性、再利用などを増進するためのマークアップ宣言を整理するために利用され、特定の論理的、意味的構造を理解させる。
モジュール化
モジュール化のモデルの実装; 特定の目的を指示するために、そのマークアップ宣言を単位毎に分割することによって、 DTD を構成・分解する過程。 モジュールは、分けられたファイル実体として存在しても、しなくても良い(すなわち、 DTD の物理的構造と論理的構造は、お互いに照応する場合があるが、これは必須ではない)。
モジュール化のモデル
モジュール化の目標、例えば、再利用、拡張性、表現力、文書化の簡便性、コード・サイズ、利用上の整合性と直感性などを補足する、文書型定義 (DTD) の抽象的なデザイン。 モジュール化のモデルは、それが述べている文書モデルとは直行的にしか関係しないため、二つの異なるモジュール化のモデルが共通の文書型で表現される場合もあるということに注意しておくことは重要である。
パラメタ実体
その利用範囲が、文書プロローグ内(すなわち、外部サブセット/DTD もしくは内部サブセット)である実体。パラメタ実体は、文書例(文書型の実例)に現れてはならない。
親文書型
混合文書における親文書型は、ルート要素(最大親要素)の文書型である。
タグ
要素の開始と終了(その属識別子と任意の属性を含む)を区切る、記述水準のマークアップ。


この邦訳は、私 SUGAI, Manabu が私的な勉強のために作成したものです。訳文の正確さは保証できません。特に技術的な利用においては、 W3C の原典を参照してください。

last modified: 7th/Aug./2001; Translated by SUGAI, Manabu.

SEO [PR] !uO z[y[WJ Cu